エピレ 自己処理

エピレと自己処理の違い

 

そる、ぬく、とかすというような方法で自己処理を繰り返していくと、
毛ばかりでなく、肌にも大きな負担をかけてしまう。
まずは素肌の状態を確かめてみるとよい。
以下のような症状が見られると肌がダメージを受けている証拠である。

 

エピレではなく、自己処理が危険な理由
1.黒ずみがある
2.白い粉がふいている
3.赤みや腫れがある
4.肌の中に毛が埋もれている
5.ブツブツと肌が盛り上がっている

 

エピレの脱毛は、毛の製造組織にダメージを与えて処理すると同時に、
肌内部のコラーゲンにもアプローチし、肌をサポート。
だから手入れがラクになるだけでなく、肌のトリートメントも同時に行うことができる。